とあるベース弾きの戯言

4月 25, 2017

日焼け止めサプリが当たり前になる。

Filed under: Uncategorized — wonderegg @ 12:16 am

tanning-on-the-beach

紫外線とは。

日焼け止めと聞くと、紫外線カットのクリームを塗るとか、サングラス、帽子、日傘などで紫外線をカットすることを想像すると思います。これ以外にも有効的な日焼け止めがあるのです。それが飲む日焼け止めサプリです。飲むだけで紫外線からのダメージを回避できるというのです。

紫外線は、私たちの肌にダメージを与えます。メラニン色素の増加・沈着によりシミ、ソバカスになり、肌が乾燥することにより、シワ、バリア機能が低下していきます。

吹き出物、皮膚疾患、そして皮膚ガンまで引き起こすのです。光老化とも言われていて、肌へのダメージからガンまで悪影響を与えるのが紫外線なのです。その紫外線から肌を守るために、日焼け止めを塗ったりするのです。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めサプリの違いは?

では、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めサプリ、どう違うのでしょうか?まず塗る日焼け止めですが、有害な紫外線が肌に降り注ぐのを防ぐことが目的です。SPFの値が大きいほど、PAの+の数が多いほど紫外線から肌を守ってくれるのです。肌に紫外線が到着しないように跳ね返してくれるのです。

では、飲む日焼け止めサプリとは、SPF、PA+といった表示はなく、肌が受けた紫外線のダメージを軽減するという働きを目的にしています。塗る日焼け止めで紫外線をカットして、もし肌に紫外線のダメージを受けたとしても飲む日焼け止めで軽減してくれるということになるのです。

メラニン色素の定着・沈着が軽減されるので、シミができにくくなるのです。

飲む日焼け止めサプリの主成分は?

飲む日焼け止めサプリの主成分ですが、国産の市販品と海外製品では主成分が異なります。

まず国産の市販品ですが、「ニュートロックスサン」という成分になります。これは、シトラスとローズマリーから抽出された天然のポリフェノールの一種になります。最大55%の紫外線ダメージを軽減できると言われています。

海外製品の主成分ですが、FernBlockになります。中央アメリカに生息するシダ植物の一種から抽出される抗酸化物質です。紫外線には、A波とB波という2種類があり、FernBlockは、特にシミやシワの原因になるA波によるダメージに効果があると言われています。

副作用など心配になりますが、国産も海外製品も天然由来の成分なので、副作用は報告されていなく、年齢制限もないので、子供が飲んでも大丈夫なのです。

飲む日焼け止めサプリの活用方法は?

飲む日焼け止めの飲み方、活用方法ですが、日焼けする30分前に飲むようにします。海など強い紫外線を浴びたら、4から6時間経過したら追加して飲むようにします。

紫外線が気になる時期は毎日飲むと効果が持続します。紫外線が強い時期だけでも、でも紫外線は一年中浴びてしまうので、毎日飲むこともいいと思います。そして、何もしていない状態で、紫外線を浴びてしまったら、応急処置として飲む日焼け止めサプリを飲むと、ダメージを軽減してくれます。

紫外線から肌を守る一番の方法は、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めサプリの併用が確実な紫外線対策になると思います。

紫外線対策の悩みに必要なサプリになる。

飲む日焼け止めサプリ、塗る日焼け止めとは働きかたが違いますが、日焼け止めを塗りたくない、背中など自分で塗れない、敏感肌で塗れない、子供が塗るのを嫌がるけどずっと屋外にいるから心配、これ以上シミを増やしたくない、など紫外線に対しての悩みを解決してくれるのです。

紫外線によるダメージは計り知れません。だから飲む日焼け止めが当たり前の時代になってくるのです。

詳しくはこちらのサイトで解説しています→飲む日焼け止めランキング

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Powered by WordPress