とあるベース弾きの戯言

4月 18, 2015

春の味覚が続々と

Filed under: Uncategorized — wonderegg @ 4:20 pm

フキノトウはしばらく前に出ていましたが、春の味覚はいよいよこれから出てきます。

たらの芽、ワラビにはじまり、シドケ、ホンナ、アイコ、コシアブラなどの山菜。
ゼンマイやミズは最後あたりだったかと記憶しています。

天ぷら、おひたし、味噌汁などにして味わう、春の味覚は、苦みとえぐみ。
飲み屋さんなど、お店で味わう分には単純に美味しくいただけますが、いざ自分で採りに行くとなるととても大変。
あく抜きが必要なものは、ひと手間かかってまた大変です。

時期になれば、スーパーなどのお店で売っていますが、これがまた結構なお値段で……
味を知らなければ食べずに済む山菜ですが、小さいころから時期になると食べていたものですから、やっぱりその季節が来ると食べたくなるわけです。

マイナーな山菜なんかは特に、その時期にしか出回らないわけですから、貴重です。
しかし、料理の腕がいまいちですので、その味を十分に楽しむとは行かないのが残念な所。

山菜についた値札と、料理の腕と、食べたい欲求を秤にかける季節です。

外せないのは、タケノコ(ネマガリダケ)の味噌汁。
皮をむいて1日2日で食べないと、アクが強くなってしまうため、新鮮なものが必要。
缶詰や水煮のタケノコでは出せない独特のダシが出て、とても美味しい。
豚肉と一緒に煮て作ったタケノコの味噌汁は、1年に何度も飲みたい一品です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Powered by WordPress